妊娠線はクリームで消せる|ママのお悩み解消

このエントリーをはてなブックマークに追加

皮膚炎を解消する為に

洗顔

かゆみを防ぐには

アトピー性皮膚炎という皮膚病について、名前は聞いたことがある、家族や友人に罹患している人がいる、という人は多いのではないでしょうか。アトピーは、赤ちゃんの頃からかかることがある皮膚疾患で、子どものころに治ってしまう人もいますが、いったん治ってから再発する人や、大人になって初めて患う人もいるという特徴があります。アトピー性皮膚炎の人の肌を観察すると、赤くカサカサとしているのがわかります。これは、アトピー性皮膚炎の肌の特徴でもある、強いかゆみが原因で掻き壊してしまうためと考えられています。皮膚科やドラッグストアの薬を使用してかゆみをコントロールする治療が一般的ですが、根治させる薬ではないため、上手に付き合うことが重要と考えられています。そのため、サプリメントやアトピー用の化粧品が人気です。

掻かないことが大切

アトピー性皮膚炎の症状は、掻くことで悪化しますので、かゆくならないよう工夫をすることで肌機能の回復を高め、健康な肌に近づけることができるといわれています。アトピー肌のかゆみを防ぐ方法としては、保湿を十分に行い肌の乾燥を防ぐ方法が挙げられます。皮膚科でワセリンなどの保湿剤を処方されることがありますが、べたべたした質感が苦手な方は、市販のローションや乳液など低刺激のもので自分に合ったものを探して塗る方法もあります。保湿を行い水分の蒸発を防ぎ、肌のバリア機能を向上させることもアトピー改善の為に有効とされています。アトピー肌の為に開発された化粧品や保湿剤は肌へのやさしさが特徴で、アトピー肌の保湿に利用されています。